ライオンのごきげんよう

お昼の番組の流れとして、「森田一義アワード笑っていいとも」の番組が終わった流れで「ライオンのごきげんよう」を見てしまう。
ほとんどの日本国民はそうではないかなぁと思う。「ライオンのごきげんよう」は「森田一義アワード笑っていいとも」みたいに、タレントがゲームなどをするコーナーはないが、小堺一機が「森田一義アワード笑っていいとも」のタモリさん(森田一義)みたいにタレントとお話をするコーナーが主で、この小堺一機も森田一義(タモリ)に負けないぐらいのトークの進め方がうまい。また面白いのがトークの題をサイコロで決めるというところで、「森田一義アワード笑っていいとも」のオープニングテーマである「ウキウキウォッチング」にも負けないぐらい耳に残る音楽だった。「なにがでるかな。なにがでるかな。」とテンポの良いリズムで「お題は、なにがでるのだろう。」と思わす物だった。このお昼の番組が終わっても、未だに12時になると「「森田一義アワード笑っていいとも」が始まるその後「ライオンのごきげんよう」も見なくちゃ」と思ってしまう。それほど影響力のある番組だったと思う。М字はげは治るのか?早めの対策が重要です